日本がん免疫学会
menu
研究会概要
研究会概要

 

日本がん免疫学会(Japanese Association of Cancer Immunology: JACI)は、癌免疫の臨床・基礎の第一線で活躍している医師・研究者に最新の情報を基にした討論の場を提供し、癌免疫研究の発展および真に科学的な免疫療法の開発を図り、国際的に高く評価される研究をうみだす基盤形成を目的として平成8年12月に発足しました基盤的癌免疫研究会が2009年新たに日本がん免疫学会と名称を改めよりいっそうの発展を目指しております。

 がん免疫療法は外科的療法、化学療法、放射線療法に次ぐ第4の治療法として長年注目されておりますが、現在までに、抗体療法など一部の治療法以外は、まだ標準的治療としては十分に確立されておりません。しかし、最近の分子生物学・免疫学の進歩、具体的には、ヒト腫瘍抗原の分子同定、HLAテトラマー技術の開発、樹状細胞生物学の進歩、Toll like receptorの解明などのいくつかのブレイクスルーにより、抗体療法だけでなく、細胞性免疫を利用する免疫療法も、これまでとは異なり科学的根拠に基づいた開発が可能になっており、現在、欧米では、製薬企業による肺癌に対するがんワクチンの大規模第三相臨床試験が進行中です。すでに標準治療として確立された抗体療法においても、現在、さらなる新規抗体の作成、抗体の高機能化、適切な使用法の開発が大変期待されております。

 本学会の会員数は約550名(2009年11月現在)、基礎の研究者から臨床医まで、大学等研究機関、病院、企業を問わず幅広い層により構成されています。また現在の主な役員として、理事長 今井浩三(札幌医科大学学長)、副理事長 中山睿一(岡山大学医学部、腫瘍制御学)、伊東恭悟(久留米大学医学部免疫治療学)、総務 河上裕(慶應義塾大学先端医科学研究所)、学術 西村孝司(北海道大学遺伝子病制御研究所免疫制御学)、会計 田原秀晃(東京大学医科学研究所先端医療研究センター)などの全国研究機関の第一線の研究者・医師で組織されています。

 本会では第1回「癌抗原遺伝子」(東京、会長 橋本嘉幸)、第2回「抗体療法」(名古屋、会長 高橋利忠)、第3回「癌特異免疫の誘導と制御」(大阪、会長 濱岡利之)、第4回「細胞治療・標的治療」(札幌、会長 今井浩三)、第5回「腫瘍免疫におけるCD4陽性T細胞」(三重、会長 珠玖洋)、第6回「抗体療法とペプチドワクチン」(久留米、会長 伊東恭悟)、第7回「がん抗原と免疫応答」(岡山、会長 中山睿一)、第8回「免疫制御の分子基盤」(札幌、会長 佐藤昇志)、第9回「癌の免疫排除にいたる問題点と克服法」(東京、会長 河上裕)、第10回「臨床研究推進における基盤的癌免疫研究の原点」(札幌、会長 西村孝司)、第11回「画期的な新規がん治療の開発」(東京 会長 田原秀晃)第12回「ここまで進んだ抗体のトランスレーショナル・リサーチ、臨床応用」(大宮、会長 遠藤敬吾)、第13回「治療標的の決定から効果確認までの道のり」(小倉 会長、安元公正)、そして2010年の第14回では「がん免疫療法の臨床研究と基礎・応用研究」(熊本、会長 西村泰治)をテーマに、1−2名の著明な外国人演者を招待して、年一回2日間の総会を開いております。総会では、基礎研究のシンポジウムと、臨床応用のワークショップを必ず開き、最近、話題になっているトランスレーショナルリサーチを最初から推し進めてまいりました。

 最近、文部科学省、経済産業省など国から臨床試験用の大型研究資金が提供されるようになりましたが、その中の多くは、本学会会員によるがん免疫の臨床研究であり、これまでに本研究会総会にて何度も発表議論されることにより、基礎から臨床までの問題点の抽出、その克服が試みられたものであります。したがいまして、本学会は日本における癌免疫研究の中心的役割を果たしているだけでなく、日本におけるトランスレーショナルリサーチ実践の最先端を歩んでおり、日本の医学研究の一つの方向性を決める重要な会であると自負するとともに、重大な責任を負っていると考えております。そこで、会員の努力により、更なる発展を願っております。

 トランスレーショナルリサーチにおいては、特に実用化を目指す段階においては、企業の参画が必須でありますが、基礎から臨床まで広く真に科学的な研究を推進している本学会と企業との強力な連携は、日本のがん免疫領域の活性化にとって非常に重要であると考えております。つきましては、皆様方に当学会にご支援、ご協力を賜りたく、何卒ご高配の程宜しくお願い申し上げます。

平成25年5月吉日
日本がん免疫学会理事長